ご利用は計画的に

計画的な返済をしましょう

 

借り入れには返済がついて回ることを忘れないでください。
計画的な返済をしていくためのちょっとした
アドバイスをさせていただきます。

 

上限内でやりくりする

 

どうせなら借り入れできる上限額が多いほうがいい!
と思われる方は多いと思いますが、枠上げしないで今の上限内でやりくりするメリットもたくさんあります。

 

 

 

1 返済不可能なほどの借金しないですむ

 

枠上げをするなら今までよりもたくさん借金をする可能性が増えるということです。
さらに、返済が延びれば延びるほど利子も増えていきます。
プロミスは高金利ですので、返しても返しても返済が終わらず、利子だけが増えていく可能性もあります。
返せないほど借り入れを重ね、利子も膨らみ、最終的には借金まみれになってしまうということも

 

2 再審査での利用停止のリスクがない

 

枠上げの際に再び審査をすることになります。
その時に審査に落ちて限度額が下げられてしまったり、カードの利用停止になってしまうケースもあります。

 

無理に枠上げ審査をせず、今の上限内でやりくりするならそのようなケースを避けられます。

 

今枠上げをせずに、そのまま信用実績を重ねていくとプロミス側から増額の案内が来るパターンも少なくありません。
その頃には今より信用実績が積み重なっているわけですから、今よりも審査が通りやすくなっているはずです。
たくさん借り入れが出来るのはいいことのように思えますが、借金をしているという事実は変わりませんので出来るだけそのような機関に頼らず自分の持つお金の範囲でやりくりできるのが一番賢いのではないでしょうか?

 

 

よくある質問@知恵袋

 

プロミスに関する知恵袋の質問で多いのが、利息を合わせた返済額に関する相談です。

 

そこで利息と支払い額の計算についてご紹介します。

 

利息の計算

 

「利用金額×借入利率÷365日×利用日数」で計算できます。
プロミスの利息は年利4.5〜17.8%ですが、限度額が低い場合は金利が高くなりますので、金利17.8%で計算してみます。
例えば、10万円を30日間利用すると10万円×0.178÷365日×30日で1,463円となります。(1円未満は切り捨てる)これは30日間で返済した場合です。

 

 

プロミスは借入残高に合わせて月々の最低返済額が設定されます。
30万円以下なら「借入後残高×3.61%(1000円未満は切り上げ)」で返済回数は36回までです。
30万円超過から100万円以下の場合、「借入後残高×2.35%(1000円未満は切り上げる)の60回まで。
100万円超過だと「借入後残高×1.99%(1000円未満切り上げ)」の80回までとなっています。

 

例えば、10万円を借りた場合は10万円×0.0361となり3,610円ですので、1,000円単位を切り上げて、月々の返済は最低4,000円となります。
この最低金額のまま月々の返済をしていくとなんと返済終了までに32か月もかかります。
たった10万円借りただけなのに!
そして、月々の返済額4,000円のうち、初月の元金2,517円、利息を1,483円も払う計算となります。
その後利息はたんだんと減っていきますが1年間は千円台の利息を払い続けることになります。
そして合計25,864円もの利息を払うことになります。

 

 

 

 

プロミスに返済ができない時

 

プロミスのキャッシングは金利が高いため、借りると利息の負担が思った以上に大きくなってしまうこともあります。
返済にかかる負担が想像以上に大きかった場合や、借入件数の増加、他の何らかの事情によって払えなくなってしまった場合は、そのままにせずに債務整理を検討してみてはいかがでしょうか。

 

借金は返せないからといって放置をしてても解決はできず、プロミスのような大手キャッシングの場合は、給料の差し押さえなどの強制的な徴収を行う場合もあります。
もちろん払わないままにしていれば催促の電話が携帯、自宅、会社へとかかってくることになりますので、周りの方にばれてしまうことにもなります。
しかし債務整理であれば、着手をすればすぐに催促の取り立ての連絡は止まり、さらには家族にも会社にも内緒で整理ができますので、誰にも知られずにプロミスから借りたお金を返済していくことが可能です。

 

昔は債務整理を弁護士に頼むと費用が多くかかってしまったり、相談をするだけで数万円もかかるような所もありましたが、最近では弁護士も競争が激しいために相談を無料とし、365日24時間日本全国対応とする所も多くなっています。
払えない借金をそのままにするのではなく、収入を得ていて少しずつなら返済ができる方であれば、借りたものは払える計画のもとで少しずつでも着実に返していくようにすれば、今の借金の悩みからも解放されることでしょう。
悩んでいるなら、是非一度相談してみてはいかがでしょうか。